バンコク

バンコクは5万円以下で旅行できるの?→可能です

 

 

トモ

海外旅行って高いイメージあるけどどう思う?

冷たいイヌ

タイなら安く行けるだろ。

トモ

10万円くらい?

冷たいイヌ

いや、5万あれば行ける。その代わり贅沢無しだぞ。

 

 

海外に行ったことのない方にとって、海外旅行は高いというイメージがありますよね?

しかし物価の安い国に行けば、下手したら日本での国内旅行よりも安く済ませれてしまうことだってあるのです。

物価の安い国の中でも観光資源が多く、とりわけ人気の国が「タイ」。

首都のバンコクは年間で2000万人近くの外国人が訪れる世界でも屈指の観光地で、その数は今でも増加しているほどです。

そんな人気の都市バンコク、実は5万円以下で充実した3泊4日の海外旅行が可能なコスパ最高の街なのです。

今回はその内訳をなるべく細かく算出しつつ紹介していこうと思います。

 

 

5万円以下には条件があります

 

まず、5万円以下でバンコクを旅行するには大きく3つの条件があります。

それが

1.ツアーは使わない完全個人旅行

2.航空券は荷物無しのLCCを利用

3.宿泊先はホステルなどの安いドミトリーを予約

ということです。

この3点さえOKであれば5万円以下での旅行は以外とすんなりクリアできます。

個人旅行が初めての方からすると自分で計画を立てるのは結構ハードルが高いように感じますが、今はインターネットで情報が簡単に集められる時代。

バンコクに関する情報も山のようにあるので、分からないことはほとんど調べられてしまいます。

空港から市内までの行き方、インターネットはどうするか、両替はどこでするか、ホステルのチェックイン方法、こういったものはほとんどネット上に網羅された記事があるのでしっかりと活用しましょう。

 

 

5万円以下の内訳

 

航空券(約22,000円)

 

航空券は必ず荷物無しのLCCを利用。

繁忙期を除けば片道22,000円前後で行くことが可能です。

ただ、出発する曜日によって値段が結構変わってくるので注意。

火曜や水曜発であれば上記値段よりももっと安くなることもあります。

航空券はインターネットで簡単検索&予約が可能なので一度検索してみて下さい。

今ではLCCの本数も多く、簡単にチケットを手に入れることができますよ。

でも、LCCはキャンセルが効かない場合が多いので確実に休みが取れると分かった段階で取ることをおススメします。

 

エアアジアなどのLCCの機内持込手荷物7kg以下はどのくらい?→計量してみました 一昔前まではLCC(ローコストキャリア)もそれほど多くはありませんでしたが、ここ数年...

 

ホステル代(約1,500円)

 

滞在には必ずホステルなどの安いドミトリー(共同部屋)を選ぶようにして下さい。

なぜなら ここをしっかりと最低まで抑えれれば資金を他に回すことができるからです。

とはいえバンコクには安くてお洒落なホステルが結構たくさんあります。

最近では綺麗で快適なドミトリーも多く、決して一概に悪いとも言えません。

1泊500円も出せば、比較的新しくて過ごしやすいホステルが見つかります。

ここのモンキーナップホステルなんか、在住日本人が多く住むプロンポンの駅チカにあるので場所も最高、ドミトリーのベッドにはブラインドも付いてプライバシーも確保でき、施設自体綺麗で新しくなかなか良いホステルだと思います。

こういった優良物件がバンコクには多いので、ホステル泊でも案外快適に滞在することができますよ。

 

■メモ 1泊500円×3泊=1500円

 

軽食費(約1,200円)

 

この軽食費は例えばコンビニで買うジュースやお菓子などが含まれます。

それ以外にもちょっと屋台で食べ歩きなどする分も。

昼食や夕食は別途、観光費用の方に充てています。

 

■メモ 1日300円×4日=1200円

 

観光費用(約14,850円)

 

これは4日間で使う観光の費用の合計となります。

贅沢はできませんが、それなりに楽しめる内容だと思います。

あくまでも一例となりますが詳しく見ていきましょう。

 

1日目

 

・夕方バンコクに到着

・ナイトマーケットで食べ歩き【約1050円】

・フットマッサージ1時間を受ける【約700円】

 

■1日目合計 約1750円

 

2日目

 

・バスでパタヤに、その後ラン島へ【約1750円】※交通費&食事代込み

・バンコクに戻りレストランで夕食【約1000円】

・バーで軽くビールを飲む【約700円】

 

■2日目合計 約3450円

 

3日目

 

・カフェで朝食【約500円】

・チャトチャックマーケットでお土産購入【約1750円】

・マーケットで昼食【約500円】

・3大寺院を観光【入場料合計約2100円】

・レストランで夕食【約1000円】

・ちょっと贅沢にスカイバーへ行ってみる【約2800円】

 

■3日目合計 約8650円

 

4日目

 

・空港で昼食【約1000円】

 

■4日目合計 約1000円

 

交通費(約2,380円)

 

こちらは4日間で使う交通費の合計です。

滞在中はできればタクシーはあまり使わないようにすると節約できると思います。

ドンムアン空港から市内までもバスでアクセスできるのでそちらを利用しましょう。

 

・BTS(スカイトレイン)【約1,400円】

・MRT(地下鉄)【約280円】

・タクシー【約700円】

 

通信費(約700円)

 

ドンムアン空港で買えるSIMカードは700円程度でゲットすることができます。

SIMフリーのスマホを持っていない方は、ちょっと高くつきますが日本からポケットWi-Fiをレンタルしていきましょう。

 

 

海外旅行保険(約1,500円)

 

海外旅行保険はソニー損保が安くてオススメです。

ウェブサイトで簡単見積りもできますし、申し込みもスムーズで簡単です。

まぁ、保険は入らなくても大丈夫そうですが やっぱり心配事は1つでも無くしておいた方が無難ですから入っておくと安心です。

 

合計は44,130円!!

 

●航空券<約22,000円>

●ホステル代<約1,500円>

●軽食費<約1,200円>

●観光費<約14,850円>

●交通費<約2,380円>

●通信費<約700円>

●海外旅行保険<約1,500円>

合計 約44,130円

 

なんと、合計金額は約45,000円という結果となりました!

今回こちらで見積もったそれぞれの金額は、割とリアルな数字だと思いますので おおよそこれくらいの金額になるでしょう。

5万円あればバンコク旅行が満喫できるなんて素晴らしいですね。

学生の皆さんには是非バンコクに訪れてもらいたいものです。

※5万円以下で旅行は可能ですが念のため必ず多めに持って行くように

 

 

さいごに

 

(スカイバーから見る煌びやかなバンコクの夜景)

 

観光資源も充実、食べ物も美味しい、電車網が発達しており移動も便利、親日国…こんなにも素晴らしい観光地は世界でもそうそうありません。

しかも格安で楽しめるというのですから来ない理由が無いくらいですね。

長年多くの観光客からバンコクと言う街が支持されている理由はちゃんとあるんです。

まだ来たことのない方は、絶対に1度は訪れておくべき都市だと断言します。

訪れてみれば、あなたもいずれバンコクという街に魅了される1人になることでしょう。

 

【2019年最新版】タイブロガーが提案するバンコク旅行3泊4日のおすすめプランを紹介 タイ王国は東南アジアで最も外国人観光客の数が多い観光大国。 2018年度は...