プノンペン

プノンペンナイトマーケットでは「食」を楽しめ!地元民が選ぶ定番屋台料理を紹介


 

トモ

東南アジアと言えばやっぱりナイトマーケットだよね!

冷たいイヌ

そうそう。何か気分がワクワクするよな

トモ

安くて美味しいローカルフードも見逃せないよね!

冷たいイヌ

うんうん。タダで食えるしな

トモ

いやそれはおこぼれ目的のイヌ得だろが

 

カンボジアの夜を盛り上げるナイトマーケット。

ここプノンペンにもいくつか存在しており、毎日多くの人々で賑わっています。

その中で今回私が訪れたのは市内中心部を流れるトレンサップ川沿い、歓楽街エリアに位置する「プノンペンナイトマーケット」。

こちらのナイトマーケットはプノンペン観光の定番でもあり、外国人観光客もよく訪れる夜市です。

規模は比較的小さめですが、夜のエンタメが少ないプノンペンを楽しむ最適の場所と言えるでしょう。

どちらかと言えば 買い物よりも食べ物の方が楽しめるこちらのナイトマーケットですが、どのようなローカルフードが味わえるのでしょうか?

今回はこちらで楽しめるカンボジア人定番の屋台フードを紹介していこうと思います。

 

 

Phnom Penh Night Market(プノンペンナイトマーケット)

 

 

政府関連施設が立ち並ぶSangkat Voat Phnum区の川沿いにある「Phnom Penh Night Market(プノンペンナイトマーケット)」は毎晩地元カンボジア人で賑わう憩いの場的存在の夜市。

食べ物が売られている屋台ゾーン・服や雑貨が売られている服飾ゾーン・そして催事が行われている中央ステージがあり’正に東南アジア’といった活気に溢れる雰囲気が漂っています。

ただ 規模はそれほど大きくはなく、売られている商品もどちらかと言うと地元民向け。

タイにあるお洒落でイケイケな最新のナイトマーケットと比べてしまうと多少見劣りしてしまいますが、一昔前の東南アジアの空気感が好きな方には居心地が良いんじゃないかなと思います。

私の個人的な意見ですが この夜市では買い物よりも「食」。

という訳で、ここでは地元民が楽しむ屋台料理をメインに紹介していくことにします。

 

 

プノンペンナイトマーケットの定番屋台料理

 

串揚げ

 

 

ソーセージや魚肉、練り物などがずらっと並べられたこちらの屋台。

自分で好きなものを選ぶと店員さんが油で揚げてくれる揚げ串屋です。

このナイトマーケットの屋台自体、それほどバラエティは多くなく同じような商品を取り扱う店が何店かある感じで営業しています。

カンボジアの人々を見ていると、みんなこちらの串を買っていっているので私も真似して買ってみることに。

 

 

注文の方法は、この赤いかごに好きな商品を入れて定員さんに渡し料金を支払うという流れです。

串は1本あたり約$0.6程度。そんなに安いという訳でもありません…。

定員さんが串を揚げ終わると、皿に乗せて渡してくれます(テイクアウェイも可)。

 

串揚げ5本:3 USD(約331円)

 

屋台の横に机があったのでそちらでゆっくりいただくことに。

ソースやチリソースなどのトッピングもあるので、それらを付けて食べるのが美味しいです。

ご飯というよりもお酒のつまみ的な感じです。笑

 

さとうきびジュース

 

 

こちらの搾りたてさとうきびジュースも地元民がこぞって買っていく定番商品の1つ。

専用の機械を使ってその場で新鮮なジュースを提供してくれます。

 

さとうきびジュース:0.75 USD(約84円)

 

100%天然のこちらのジュースはミネラルが豊富で、暑い国を歩き回る際には栄養補給もできる最適のドリンクです。

しっかりと甘さもあるけれど、さっぱりとした柑橘系の風味でとても爽やか。

少し渋みはありますが美味しいのでチャレンジしてみて下さい。

 

ココナッツアイスクリーム

 

ココナッツアイスクリーム:1.25 USD(約140円)

 

こちらのナイトマーケットで地元民&観光客人気ナンバーワンがこちらのココナッツアイスです。

本物のココナッツを器にしているので見た目がとても可愛く、更には味も絶品。

シャキシャキした実とココナッツ味の甘くて冷たいアイスクリームに歯ごたえのあるナッツがかかり、最高のコンビネーションを繰り出してくれています。

安いのにこのクオリティですから当然人気なワケですよね。

写真にも映えて味も美味しくて安いなんてズル過ぎます。
ということでこのアイスは絶対に食べてみて下さい。

 

翌日のむくみ防止に効果的なカリウムを多く含むココナッツウォーターもサービスで貰うことができる

 

食事スペースが面白い

 

 

屋台エリアにはこのように開けたスペースに大量のゴザが敷いてあり、訪れた人々はこちらに座って寛ぎながら食事をとっています。

他の国のナイトマーケットではこのような光景は見たことが無いのではじめ驚きましたが、いざ座ってみるとかなり落ち着きます。

なんだかピクニック気分になりゆっくり過ごせるので楽しいですよ。

 

 

屋台には 上に載せた定番グルメ以外にも色々なメニューがあるので、興味のあるものがあればチャレンジしてみると良いでしょう。

BBQなんかも人気だそうです。

 

 

服飾エリア・ステージ

 

雑貨屋・服屋など

 

 

先ほど述べたように飲食エリアとは別に服飾品が買える露店もいくつかあります。

見た感じ地元民向けの商品が多いように感じますが、タイパンツなども売っているのでお土産探しをすることもできると思います。

 

 

ステージ

 

 

マーケット中央にあるステージではカンボジア人による歌のパフォーマンスなどが大音量で行われています。

悲しいことに見物客は数名…。

週末だともっと盛り上がるのかもしれませんがちょっと可哀そうでした。笑

でも、こんなのもカンボジアっぽくて良いなと思いました。

ローカル色の強いナイトマーケットが好きな人には結構楽しめる所なんじゃないかと思います。

 

 

さいごに

 

 

プノンペンで一番メジャーな夜市「Phnom Penh Night Market」は、地元の人々で賑わう活気あるナイトマーケットでした。

こうやって地元の人々と同じ空間で一緒のものを食べるっていうのは旅の醍醐味でもあります。

まだまだ発展途上のカンボジアではありますが、街中はどんどん大きなビルや建物が建設されており目まぐるしい勢いで変化しています。

このプノンペンナイトマーケットは、そんな時代の変化の中でも変わらずにいつまでも人々に憩いの場を提供していってほしいものです。

 

 

<プノンペンナイトマーケット>

●営業時間 毎日 17:00~23:00

●住所 Preah Sisowath Quay, Phnom Penh, Cambodia