プノンペン

【宿泊レポ】プノンペンのThe BRIDGE Club(ザ ブリッジ クラブ)は景色が最高で低価格なコスパ抜群ホテル


 

トモ

初プノンペンだ~!ってかホテルでかっ!!

冷たいイヌ

今回はどんなホテル予約したんだ?

トモ

ブリッジクラブっていうホテルなんだけど、最高過ぎる…最高過ぎるよぉ…

冷たいイヌ

お前だけ贅沢しやがって。悔しい。憎い。

 

 

プノンペンの王宮付近のエリアに位置する「The BRIDGE Club」は、リーズナブルな価格にも関わらず新しく綺麗で近代的なホテル。

外観だけ見ると「これがプノンペンのホテル?」なんて思ってしまうほどの超大型ビルです。

イオンモールもほど近く、ビルの下にはカフェやコンビニなどもあるので便利。

長期で滞在したくなってしまうくらい快適で居心地の良いホテルでした。

今回はそのザ ブリッジ クラブの内容を詳しく紹介していこうと思います。

 

 

The BRIDGE Club(ザ ブリッジ クラブ)

 

 

カンボジアの首都プノンペンを流れるトレンサップ川とメコン川の合流地点Khan Chamkarmon区にある「The BRIDGE Club(ザ ブリッジ クラブ)」は、シンガポールの’Oxley’ カンボジアの’Worldbridge Land’という2つの不動産開発会社が共同で建設した巨大複合ビル内に入るホテル。

この複合ビル、正式には「The BRIDGE」という名称で その名の通り2つの棟からなるビルの間には橋がかけられており特徴的な外観を作り出しています。

ホテルだけでなく レジデンスや会社なども入居しており、低層階にはショップも数店テナントとして入っています。

オープンからまだ数年しか経っておらず、建物は新築同然でホテルの外観や内装はとても綺麗です。

このホテルが建つエリアにはまだそれほど高層ビルは多くはないので、このビルだけ異様に際立っているように感じるほどです。

隣には東横インプノンペン、徒歩15分程の所にはイオンモールがあり長期滞在するにも悪くない場所です。

近くには新しくできたクラブがいくつかあり、夜遊び好きにも最適な場所です。

それではこの「ザ ブリッジ クラブ」の中身を詳しく見ていきましょう。

 

 

受付

 

 

初めにホテルの受付から紹介していきます。

こちらのビル、サイズはとんでもなく大きいのですが ホテル専用の受付ロビーは想像以上に小さくてびっくりしました。

しかも最初どこにロビーがあるのか全く分からず迷う羽目に…。

上層階に向かうエレベーター乗り場とは別にホテル専用ロビーがあるので非常に分かりずらかったです。

中間階にあるのかなと思い 上の階に行ったり来たりして探した末、普通にエレベーター乗り場のもう少し向こう側の所にあったというオチでした。

時間を無駄にしてやっとの思いでチェックイン手続きをすることができました。

 

 

チェックイン対応に関しては ホテル予約サイトに「とても長いこと待たされた」「受付の対応ががっかり」などと書かれていたので覚悟していたのですが、確かにチェックイン時に20分弱も待たされました。

スタッフの数は足りているようなのですが、どうも研修?が追い付いていないのかまだ慣れていない様子。

そして次から次へとゲストがやってくるので待ちができてしまうといった感じです。

一般的なホテルであればスムーズにチェックインできるので、それに慣れている人はちょっとストレスかなと思います。

私は予め知っていましたし、特に急いでいなかったのでゆっくり休憩しながら待ちました。

スタッフの人柄は皆良さそうなので、これからの改善に期待しましょう。

 

 

エレベーター・コリドー(廊下)

 

 

チェックインが済んだら、受け取ったカードキーを手に少し離れたエレベーター乗り場から上層階に向かいます。

今回の私の部屋は36階です。

 

 

36階に着くとガラス張りのホールからは美しい景色が望めます。

遮るものが一切ないので「絶景」です。

 

 

廊下はこのような感じになっていて、外の光が差し込みとても明るいです。

 

 

ドアキーは少し特殊な形状をしていて、この丸い読み取り機にルームキーをかざして2回手でまわすと鍵が開く仕組みです。

逆に外出する際は自分で再度まわして鍵を閉めます。オートロックにはなっていません。

 

 

客室内

 

 

今回はExpediaで一番安かったSuperior Roomを予約しました。

部屋は想像以上に広く、クーラーもしっかり効いて快適。
ハウスキーピングも毎日入ってくれて綺麗に清掃してもらえます。

このレベルで1泊税込3850円という驚きの安さです。

プノンペン、最高過ぎますね…。

それでは各所チェックしていきましょう。

 

テレビ

 

 

LG社製の液晶テレビが設置されており、ドラマやネットTVなどを見ることができます。

個人的にはプノンペンの地上波でどんな番組がやっているのか見たかったのですが、残念ながら見れませんでした。

そしてなぜか韓国系の番組が多数あったのですが、韓国人滞在者が多いからなのでしょうか?

私は滞在中ほとんどYoutubeで音楽を流したりして使っていました。

 

テーブル・荷物スペース

 

テーブルスペースで個人的に良いなと思ったのが、椅子が作業をするのに適しているという点。

座り心地が良いのでここでパソコン作業や読み物などをしていても全然疲れません。

しかも机自体 十分な広さと大きさがあるので小狭い感じがしないのも良いです。

そして荷物スペースはクローゼットが無い代わりにこのような置き型のものとなっています。

部屋が広いのでこのような外置きタイプでも全くもって問題ありません。

というかむしろすぐに服をかけられるので楽です。笑

 

 

コンセントは世界共通型。

変換プラグが無くても日本のプラグをそのまま差し込んで使えるので便利です。

 

金庫

 

 

金庫はテレビラックの横の棚に設置されています。

室内のちょっとしたインテリアもシンプルで小奇麗です。

 

シーティングスペース

 

 

個人的に凄く好きだったのがこちらの窓際にあるシーティングスペース。

オールガラス張りなので開放感がハンパないです。

 

 

もう景色が良すぎて何時間でも座っていたいくらいです。

遮るものが無いので遠くまでよく見えるのですが、これって言ってしまえば展望デッキ並みのパフォーマンスですよね。最高です。

 

冷蔵庫・ウォーターサーバー

 

 

冷蔵庫はこちらの家庭用大容量サイズ!

長期滞在でも買い食い野郎でも問題ナシの大型サイズです。

もちろん上部には冷凍庫が付いています。

そして隣には、ウォーターサーバーが完備されているという優待ぶり。

電源をオンにすれば熱いお湯も問題なく出てきます。

ただ この部屋にはミニバーが無いので、コーヒーなどの飲み物が欲しければ近くのお店で買ってくる必要があります。

 

流し台

 

 

流し台はこのように浴室ではなく部屋の内部に設置されています。

電子レンジ、コップ、ドライヤーが備え付けられていますが、電気ケトルはありません。

また、こちらの流しは冷水のみでお湯は出ないタイプとなっています。

 

 

横に置いてあるアメニティの内容は歯ブラシ×2・くし×1・ヴァニティーキット×1です。

 

浴室

 

 

浴室はトイレとシャワーの一体型となっています。

いつも厳しめにチェックする水回りですが、比較的綺麗で清潔に保たれていて快適です。

タオルはバスタオル×2・フェイスタオル×2・バスマット×1です。

 

 

シャワーの湯量はOKで、温度もしっかり熱いお湯が出るのでバッチリです。

シャンプーとボディソープはご覧のように備え付けタイプで設置されています。

唯一気になったのが シャワーとトイレを隔てるガラスの仕切りが短く、トイレ前がベタベタになってしまうという点。

シャワーを浴びる前にバスマットは隅に除けておいた方が良さそうです。

 

 

プール

 

 

39階にあるプールは半屋外タイプで こちらでもプノンペンの街並みを一望でき、優雅な時を過ごすことができます。

プールは横に広く正方形型、25mほどあるので運動用としても使えますし ただリラックスするだけでもOK。

プール横にはソファーがあり ゆっくり寛ぐことができるようになっています。

 

 

プノンペンは年中暑い国、市内観光で火照った体をこちらでクールダウンをするのが良いですね。

同エリア内には男女別のシャワースペースがあるので、ここで更衣することができて便利です。

 

 

ジム

 

 

プールのすぐ隣にはジムエリアがあります。

ランニングマシンなどの有酸素系が多数あり、筋トレマシンもいくつか設置されています。

 

 

フリーウェイトエリアもあるので、がっつり筋トレしたい方にも向いています。

美しいシティビューを望みながらのトレーニングはとても気持ちいいです。

因みにプールとジムのあるこのエリアに入場する際は、部屋番号や氏名などの個人情報の記入が必要となります。

予め準備しておきましょう。

 

 

部屋からの夜景が素晴らしい

 

 

私が滞在中 特に感動したのが、部屋から眺めるプノンペンの夜景です。

一面ガラス張りの窓にはロマンティックな空間が広がります。

 

 

まだまだ発展途上のプノンペン、それ故に高いビルが未だ少なくこのように遠くまで広がる綺麗な夜景が拝めます。

ただ このホテルの周りには現在多くのビルが建設中なので、この景色もいずれ変わってくるのでしょう。

そんなことを考えつつ ちょっとだけ感傷に浸りながら過ごすプノンペンの夜でした。

 

 

デメリットとメリット

 

デメリット
・チェックインに少し時間がかかる
・市中心部からやや離れている
・夜クラブの重低音が響く
・テレビ番組が限定的
・シャワーを浴びる際トイレ側が濡れる
・ホテルのロビーが分かりずらい

 

メリット
・建物が綺麗で新しい
・値段の割に客室が広くて豪華
・イオンモールが近い
・1階にカフェやお店がいくつかある
・景色が素晴らしい
・とにかく居心地が良い

 

以上が個人的に感じた残念だった点と良かった点です。

セントラルマーケットやナイトマーケットなどがある観光スポットからはちょっと離れていますが、トゥクトゥクなどを使えばそんなに困りません。ただ、イオンが近いのは結構助かりました。

総合的に見ると、この値段でこれほどまでに満足度の高いホテルはなかなか無いと思うので超オススメです。

コストパフォーマンスは抜群です。

 

 

さいごに

 

 

プノンペンにある大型ホテル「The BRIDGE Club」は、私が想像していたよりもずっとクオリティの高いホテルでした。

正直この値段でこんな高層階の広い客室に泊まれるなんて思ってもいませんでしたし、実は汚い?とか色々と疑っていたのがバカみたいでした。

景色は素晴らしいし、外観は立派だし、内装も綺麗、イオンが近く、居心地良しの最高のホテルでした。

正直またプノンペンを訪れる際に泊まりたいなと思ったのですが、次は記事ネタのために別の所に泊まるとします…。悲

プノンペンでホテルをお探しの皆さんは、このコスパ最高のホテルを是非検討してみて下さいね。

 

 

宿泊価格をチェック・宿泊を予約