シンガポール

セントーサ島でビーチウォーキング。アジア大陸最南端の島から絶景を眺める


 

トモ

アジアの端で愛を叫んでみた

冷たいイヌ

キモっ!キモ過ぎる…

トモ

嘘です。通年おひとり様の私には愛を叫ぶ意味がありませんから

冷たいイヌ

だよね。お前から「愛」って言葉聞いただけで寒気するわホント

 

 

セントーサ島の魅力と言えば、島の南側に位置する約2kmに伸びた綺麗で広々としたビーチにもあります。

実はこちらは人工のビーチではあるのですが、自然の砂浜と何ら変わらないほどです。

波がほとんど無いので、子供や泳ぎの苦手な方でも安心して遊べるのが良いところ。

驚くのは、大都市からほど近いこの場所でも海が比較的に綺麗だという点です。

顔を付けて泳ぐのも躊躇わない程、水質の状態が良いビーチです。

ビーチはシロソビーチ、パラワンビーチ、タンジョンビーチと3つのセクションに分かれています。

各ビーチ、それぞれ異なった雰囲気があるのも面白いところ。

今回はそんなシンガポールのリゾートアイランド、セントーサ島のビーチ沿いにある人気のスポットに寄りながらビーチウォーキングを楽しんでいこうと思います。

 

 

今回のルート

 

今回は前回の記事’セントーサ島でトレイルウォーキングを楽しむ’の続きとなります。

シロソポイントからビーチ沿いをひたすら歩きながら進んでいきます。

 

 

スタートのシロソポイントから終わりのユニバ前までは、観光時間も含めておおよそ2時間をみておけば十分かと思います。

ビーチ沿いを歩く際はサンダルか裸足の方が良いですので、持参しておくと良いでしょう。

それでは見どころを紹介していきます。

 

 

見どころ

 

Siloso Beach(シロソビーチ)

 

 

シロソビーチはセントーサケーブルカーの終点「シロソポイント」から最も近いビーチです。

上の写真のモニュメントは写真スポットとして人気の場所です。

ビーチ自体はとても静かで海水浴を楽しむ人もかなり少なめ。

のんびり静かに過ごしたい方におすすめの場所です。

 

 

お店も少なめでエンタメは隣のパラワンビーチに集結している為、ファミリーというよりかはカップルやおひとり様向けのビーチだという印象です。

改めて言いますが、ここは全て人工的に作られたビーチです。

凄いですよね。信じられますか?笑

 

Parawan Beach(パラワンビーチ)

 

 

シロソビーチから歩いて約15分、セントーサ島で最も賑やかなパラワンビーチはファミリーに人気のスポットです。

お店やレストランが集結し、エンターテイメントに溢れるこの場所は島のメジャースポットの1つです。

 

 

子供たちが遊べる水遊び場やアスレチックもあり、昼間には多くの人々で賑わっています。

近くには安めのレストランやセブンイレブンなどもあり、1日ここで過ごすことも可能です。

また、すぐ近くには無料で使用できるシャワーも完備されており大変便利。

セントーサ島に滞在していない一般の人でも自由に楽しめるのが良いところです。

 

 

Southernmost Point of Continental Asia(サザンモスト ポイント オブ コンチネンタル アジア)

 

 

こちらも人気のスポット「アジア大陸最南端の地」です。

大陸と謳っていますが実際には島になっていて、吊り橋を渡ってアジアの最南端に行くことができます。

 

 

こちらの橋はとても狭く、人が通るたびに大きく揺れてスリルがあります。

入場は無料で誰でも入ることができますので、セントーサを訪れるのであれば是非とも行っておきたいスポットです。

 

 

この小さな島には棟が2つ建っており、その上から眺める景色がとても美しいので必見。

 

 

パンダン海峡を行き交う大型の貿易船がいくつか見えます。

ロシアから続くあの大きなユーラシア大陸の南端からの眺めは、なんだか特別な景色のように感じます。

 

Animal&Bird Encounters(アニマル&バード エンカウンターズ)

 

 

パラワンビーチの内陸中心部に位置する「アニマル&バード エンカウンターズ」は、無料で楽しめる動物たちによるショーです。

 

ロリーフィーディング 14:00
バードエンカウンターズ 15:00
クロースエンカウンターズ 16:00
オンザワイルドサイド 17:00

 

ショーは昼過ぎ~夕方にかけて毎時0分に行われ、時間はどれも約15分間です。

 

 

説明は英語ですが 動物たちを近くで見たり触れたりすることができますので、お子さんを連れて行かれる方は要チェックです。

個人的には14時に行われるロリー(ヒインコ)のエサやりがおすすめです。

 

 

ビーチからの帰り方

 

ビーチエリアからユニバーサルスタジオなどがあるエリアに戻るには、パラワンビーチとタンジョンビーチの境界にあるバス停から無料で乗れるセントーサバスBに乗ってマーライオンプラザまで帰るのが最も便利です。

しかし、徒歩15分程で歩いて戻ることもできます。

ここでは歩いて帰る方法を載せておきます。

 

 

まず、アニマル&バードエンカウンターズの会場の横にある小道を進みます。

 

 

緩い坂になっているので道なりに上がっていきましょう。

 

 

道路に面したら右折して更に坂を上がります。

 

 

少し進んでいくと右側には「アマラホテル」のエントランスが出てきます。

こちらを通り過ぎて左奥へ。

 

 

少し道を下って歩いて行くと’Artiller Ave’という大きな道路にぶつかります。

ここを矢印のように左へ進みましょう。

 

 

歩道を歩いているとすぐ横断歩道が現れるので、そちらを使って反対側に渡り更に進みます。

 

 

道なりに進んでいきます。

 

 

車に注意しながら矢印のように歩道に沿って直進。

 

 

すると右側にマーライオンプラザの裏エントランスが現れます。

ここから建物内に入ってください。

 

 

プラザの中に入ったら、突き抜けるように反対側のメインエントランスから出ます。

するとユニバーサルスタジオの地球儀のモニュメントがある中心部に到着です。

ビーチから徒歩で約15分程度とそれほど遠くはありません。

バスで簡単に戻れるのですが、歩きながら島を散策したいというモノ好きがいれば参考にして下さい。

 

 

さいごに

 

 

セントーサ島のビーチは人工ビーチなのにとっても綺麗で まさにリゾート地という感じです。

島で滞在しなくとも無料でここまで楽しめるなんて、さすが経済大国シンガポールです。

普通に海水浴も楽しめますし、何なら朝から夜まで1日中満喫することも可能です。

セントーサ島に行ったら、ユニバやプールや水族館だけでなく この魅力あふれるビーチ沿いも存分に楽しんでいって下さい。