バンコク

【バンコク】虎さんマークのタピオカ屋「FIRE TIGER」人気の秘密とそのお味は…?

 

 

トモ

ずっと気になってたタピオカミルクティーのお店があるんですが紹介させていただけないでしょうか?

冷たいイヌ

ダメです

トモ

お願いします…

冷たいイヌ

掲載料500バーツな(←金で解決)

 

 

バンコクの中心地、サイアムに行くと多くの人が列をなすとあるドリンク店があります。

それが「FIRE TIGER」。

インパクトのある店の外観とそのタピオカドリンクを目に足を止める人もしばしば。

今回はそんなインパクト強な人気タピオカ店を紹介していこうと思います。

 

 

FIRE TIGER(ファイアー タイガー)

 

 

タイのバンコクを中心に爆発的な好評を得ているFIRE TIGERは、今巷で流行している黒糖タピオカをメインに扱うドリンク専門店。

バンコクの商業区サイアムには既に4店舗もオープンしており、順次 メガバンナーやセントラルワールドなど郊外のモールに新店を開業する予定も立っています。

その人気の理由はトロトロに煮つくされたタピオカの新食感にあります。

新たな味を求める多くのタピオカ愛好家に支持されている新世代のタピオカ屋なのです。

 

 

サイアム各所に展開中

 

 

今回私が訪れたのはSIAM CENTER(サイアムセンター)のM階にある店舗。

サイアム駅に直結している高架からモールに入ってすぐというとてもアクセスの良いロケーションです。

この他にもソイ7にある路面店、セントラルワールド7階、そしてソイ3にはイートイン付きの店舗があります。

 

 

まずは注文してみた

 

 

値段はタイのタピオカドリンクの平均価格からすると明らかに高めの150THB(約528円)。

おそらくターゲットは外国人観光客であると予想されます。

しかしそれでも客層には地元タイ人の姿もよく見かけ、その人気さを窺うことができます。

今回は一番人気の定番商品でもあるFIRE TIGER MILKを注文してみることにしました。

 

 

料金を支払うとこちらの呼び出し機が手渡されます。

幸いなことにこの日はガラガラ、待ち時間はほんの数分で商品の受け取りが完了です。

 

 

ファイヤータイガーで面白いのが、この虎の口から商品が提供されるという点。

同じようなタピオカのお店が次々進出する中、これからはこういった他と違うサービスというものがウケるのかもしれませんね。

 

 

高級タピオカの味は…

 

FIRE TIGER MILK:150 THB(約528円)

 

まず見た目が凄いですね。

ミルクの部分の模様がまるで虎の柄のようにも見え、思わず写真に撮りたくなるような商品です。

1杯500円以上するだけに、高級感のあるお洒落なビジュアルとなっています。

さて、肝心のお味はと言うと‥飲んでちょっと衝撃だっとのがタピオカの柔らかさ。

タピオカというとモチモチ食感の弾力が人気の秘訣でもあるのですが、こちらの商品はトロトロ食感というのが一番正しい表現のように感じます。

口の中に入った途端、溶けたタピオカが柔らかいゼリーのように広がります。

また 黒糖の甘みがしっかり染み込んでいて、甘さが加えられていないミルクとのコラボが絶妙。美味しいです!

そしてそして、このタピオカと一緒に入っているのが硬めのキャラメルゼリー。

2つの食感を同時に楽しめるちょっとひと味変わったタピオカドリンクです。

後半は上に乗ったクリームと焦がしキャラメルを混ぜることによってクリーミーな味わいに変化。

この1杯で色んな味が贅沢に味わえるドリンクで、個人的にはオススメです。

 

 

店舗情報

 

 

■営業時間 10:00~21:00

■場所 Siam Center(サイアムセンター)M階

■サイト(Facebook/タイ語) https://web.facebook.com/firetigerbyseoulcialclub/

 

 

さいごに

 

 

バンコクで飛ぶ鳥を落とす勢いで人気急上昇中のタピオカドリンク専門店「FIRE TIGER」を紹介しました。

こちらのトロトロタピオカにはなかなかの衝撃を受けました。最近はタピオカミルクティー系もどんどん進化していっていますね…。

そして タイのタピオカブームもまだまだこれから伸びそうな予感がします。

次はどんなブームが来るのでしょうか?非常に楽しみです。

 

バンコクで話題のカラフル系ドリンク専門店「ATM Tea Bar」【タピオカ】 タピオカドリンクブームって日本だけだと思っていませんか? 実は、タイのバン...