バンコク

バンコクのお洒落で落ち着いたナイトマーケット。タラート フアムム カセートナワミン(Huamum Nightmarket)へGO

 

 

冷たいイヌ

今 タイ人の間で人気のナイトマーケット教えてやる

トモ

どこどこ?そうゆうの気になる!

冷たいイヌ

情報料100バーツ

トモ

もうちょっと安くなんない?

冷たいイヌ

ไม่ได้

 

 

バンコクでは毎晩 あらゆる場所でナイトマーケットが開催されており、それぞれが独自の色を出しながら人々を楽しませています。

数年前まではバンコクのナイトマーケットと言えば、同じような食べ物や同じようなお土産が繰り返し出てくるというのが定番ではあったのですが、ここ数年でそんなナイトマーケット事情も大きく変わりつつあります。

タラートロットファイ・ラチャダーを例に挙げるとすると、バラエティ豊富で様々なタイプの料理が提供され、売られている商品は若者向け、一角にはお洒落な外観のバーがあり、インスタ映えするデザートがあったりなど、まさに次世代のナイトマーケットとして進化を続けています。

オープンした当初はそれほど混雑はしていませんでしたが、アクセスの良さもあり今では外国人観光客に人気の旬のナイトマーケットへと変化を遂げ、連日大盛況の状態が続いています。

しかし、あまりにも混雑しているために少し気疲れしてしまうのも事実です。

そこで、今回はタラートロットファイ・ラチャダー同様に次世代ナイトマーケット路線をゆく お洒落でイマドキなナイトマーケットを紹介していきたいと思います。

 

 

Huamum Night Market(フアムム ナイトマーケット)

 

 

フアムムナイトマーケットはタイ人の間では【タラート・フアムム・カセートナワミン】で知られるナイトマーケットで、富裕層が多く暮らすエリアということもありマーケットは綺麗でお洒落な雰囲気。

バンコクのナイトマーケットの中でも規模が大きい方で、広く、混雑していないためゆっくり自分のペースで余裕をもって見て回れるのが良いところ。

マーケットは服飾・雑貨 ・文房具など様々なものが売られていたり、バー・レストラン・屋台などの飲食店、そしてバンドの生演奏が行われていたりとバラエティに富んでいます。

 

 

マーケットに潜入

 

販売エリア

 

 

販売エリアはテントが張られておらず、開放感があり広々としています。

圧迫感と混雑が苦手な筆者にとっては嬉しい限りです。

 

 

こちらのナイトマーケットの魅力は何といっても、販売している商品の内容。

他のナイトマーケットではお目にかからない物が売られています。

 

 

例えばこのような可愛い文房具など、他のナイトマーケットではあまり見かけませんよね?

有名なキャラクターの商品も数多く売られていました。

 

 

雑貨も様々な種類のものがあります。

こちらのマーケット、全てローカル価格設定なので 繁華街にあるナイトマーケットと比較すると全体的に安いです。

 

 

これらのTシャツは全て1枚100THB(約342円)です。や、安い!

 

 

ぬいぐるみが1つ60THB(約205円)。こちらもかなり安いですね!

 

 

キャラクターものを沢山見かけました。若いタイ人のお客さんが多いので人気なのでしょう。

 

 

ガジェット系も種類が豊富。

MBKショッピングセンターで売られているものとは全然違います。

とにかく売られているものがどれも目新しいため、買い物だけで十分楽しめてしまいます。

 

 

他にも化粧品やアクセサリーなど、若い女の子もお買い物を楽しめるナイトマーケットです。

 

 

服屋は定員さんが若くてお洒落!

なんだか今までのナイトマーケットとは雰囲気が違います。

 

 

わ、わんちゃんが売られてる…。ちょっと衝撃でした。。。笑

 

飲食エリア

 

 

食べ物もバラエティに富んだメニューが提供されています。

それぞれの店舗が違ったフードを提供しているので、色んなものを少量食べながら見て回るのがオススメ。

 

 

写真映えしそうな食べ物もありますよ。

とっても可愛いですね。

 

カレントベリースムージー:50 THB(約173円)

 

ベリースムージー専門店で濃厚なカレントベリーのスムージーを注文。

味が濃くて甘酸っぱくて冷たくて最高です。

 

 

さて、お腹も空いたので次はサーモンサラダを注文。

目の前で新鮮なサーモンを捌いて作ってくれます。こんなタイプのお店 他のナイトマーケットでは見かけませんよね。

やはりフアムムナイトマーケットはひと味違います。

 

サーモンサラダ[S]:100 THB(約342円)

 

隣に添えられているドレッシングが激辛でビックリしましたが、サーモンはとっても新鮮で甘みがあり、美味しくいただくことができました。

 

スパイシーオイスターサラダ:60 THB(約205円)

 

またまたサラダですが、どうしても生牡蠣が食べたくて頼んでしまいました。

新鮮でプリプリの牡蠣は、噛めば口の中が想像以上にクリーミー!

後からガツンと来る辛さがこれまた たまらない一品でした。

ただ、辛い物が苦手な人には少々キツイ辛さかもしれません。

 

バーエリア

 

 

マーケットの中央には大きな池があり、その付近にはバーやレストランがいくつかあります。

 

 

橋をくぐって抜けると、賑やかな空間が広がっています。

 

 

食事のあとは、ノリノリの音楽とともにこちらでお酒を嗜むのも良さそうですね。

 

その他

 

 

更にマーケット奥に進むと、安くてお洒落な古着が売られてるエリアがあります。

その近くではバンドの生演奏が行われていたりと、マーケットの内容は盛りだくさんとなっています。

 

 

このように店舗型のアパレルショップもあります。

置いてある商品も若者向けのお洒落なものばかりです。

 

 

一角には理髪店まで。

もはや1つの大きなショッピングモールのようです。

 

 

見どころ

 

サタニー ミー ホイ

 

 

こちらは貝料理専門店として今かなり人気のあるレストランで、連日大盛況のフアムムナイトマーケットの目玉といっても過言ではないお店なのです。

その秘密はこのレストランの定員さん達。

ウェイターはみな男性なのですが、女性もののキャミソールを着て’オネエ全開’で接客をしてくれるのです。

その全開ぶりは約10メートル離れた所まで聞こえてくるほどの本気度です(笑)

もちろん料理の評価も高いのですが、その明るく楽しい接客で地元タイ人の間で話題となっているのです。

フアムムナイトマーケットへ訪れる際は是非こちらでカイとオネエを楽しんでみてください。

 

Oh! my Cheese(オー マイ チーズ)

 

 

SNSやYoutubeからの発信で、タイ人の若者の間で人気になっているのがここ「oh! my Cheese」のチーズフライドポテト。

ポテトの上にたっぷりの濃厚チーズがかかったその商品はインスタ映え間違いなしの商品です。

Mサイズでも十分お腹がいっぱいになりますので、できれば誰かとシェアするのが良いかもしれません。

 

チーズフライドポテト[M]:79 THB(約270円)

 

犬とのふれあい

 

 

こちらのナイトマーケットではペットの連れ込みが許可されています。

そのためマーケット内には犬を連れたタイ人がちらほらいます。

 

 

このようにペット用品も販売されていたりします。

他のナイトマーケットでは見られないような光景ですので、とても印象的でした。

 

グラフィティ

 

 

マーケット奥にはこのようにグラフィティがあり、写真を撮る若者の姿も見られます。

なかなかナイトマーケットでこういったアートを展示している所は多くないので珍しいとも言えます。

フアムムナイトマーケットへ行った際は、これらを背景にかっこよく写真を撮ってみましょう。

 

 

行き方

 

この素晴らしいナイトマーケット、実は1つ大きな弱点があります

それがアクセスの問題です

バンコクの中心地から若干離れており、観光客が公共交通機関を使って辿り着くのは困難です

ですので、無難にタクシーでアクセスするのが最善と言えます

とは言えど、タクシーの料金がとても安いバンコク

市の中心部から乗ったとしても大した金額になることはありません

今回は(一応)最寄り駅である地下鉄MRT「Lat Phrao(ラップラオ)駅」からのバイクタクシー&タクシーの2パターンでの行き方を紹介していきます

 

 

バイクタクシーで行く

 

バイクタクシーは当然1台につき1人しか乗れませんので、 ’1人で行くよ’ という方向けです

 

 

ラップラオ駅に着いたら 4番出口 に向かいます

 

(ラップラオ駅前のバイタク待ちの列)

 

駅を出ると すぐ大通りに面した道路に出ます

すぐ右手にはバイクタクシー専用の乗り場がありますので、こちらで列に並んでください

順番が回ってきたらバイクタクシーのドライバーに「タラート フアムム カセートナワミン」と伝えてください

フアムムナイトマーケットでは通じませんのでご注意ください

どうしても伝わらない場合は、地図やマーケットの写真を見せると有効です

 

バイクタクシーのメリットは18~20時台に必ず起こるバンコク名物 帰宅ラッシュの交通渋滞をすり抜けて、駅からほぼほぼ30分以内で到着できる点です

ただ、デメリットとしては30分近くバイクの座席に乗って移動するのが正直しんどいという点です

そして料金が140THB(約480円)とバイタクにしては高め

※こちらは恐らく観光客プライスではなく、単純に距離が結構あるためだと思われます

渋滞で時間を無駄にしたくない方はバイタクという選択肢も視野に入れておくと良いでしょう

 

タクシーで行く

 

上記と同じく「Lat Phrao(ラップラオ)駅」の4番出口を出たら、大通り沿いに流れるタクシーを捕まえましょう

タクシーで行く場合はメーターをちゃんと使ったタクシーでおおよそ120THB(約411円)です

まさかのバイクタクシーよりも安いという結果です

特に急いでいない場合は涼しく快適なタクシーで行った方が絶対に良いと思います

30分もバイクに乗っているのは相当腰がやられますからね

ただし、道路が混雑する18~20時あたりに向かう場合はかなり時間がかかると思っておいた方が良いです

 

 

帰り方

 

フアムムナイトマーケットは大きな幹線道路沿いにあるため、帰る際は簡単にタクシーを拾うことができます

 

 

駐車場付近にもこのようにタクシーがずらりとスタンバイしていますので、好きなタクシーに乗り込んでラップラオ駅とドライバーに伝えて帰りましょう(滞在しているホテルまで直接帰ってもそれほど高くはつかないはずなので良いかもしれません)

行きの際もそうですが、タクシーに乗る際は必ずメーターが作動していることを確認しましょう

 

 

まとめ

 

 

さあ、今回は観光客にはほとんど知られていないフアマムナイトマーケットについて紹介させていただきましたが、このナイトマーケットの良さが伝わったでしょうか?

写真と文章だけでは伝えられない楽しさや面白さがここにはあるので 是非あなた自身の目で見て、楽しんで、感じてみてください。

きっとお気に入りのナイトマーケットになるでしょう。

噂では2019年にクローズしてしまうなんてことを聞きましたが、本当かは定かではありません。

どこか他の場所に移転するならまだしも、無くなってしまったらとても悲しいですね。

確かにお客さんは少なめで、活気があるかというとそうではありませんので十分あり得るかもしれませんが…。

ですので、皆さんには開催しているうちに行っていただければと思います。

 

 

 

公式Facebook:https://www.facebook.com/huamummarket

営業日:毎日

営業時間:17:00~深夜1:00 ※変更する可能性もありますので上記サイトで随時確認してください

 

↓郊外のナイトマーケットならこちらもオススメ↓

シーナカリン通りにある若者に人気のナイトマーケット「シーナカリン鉄道市場」 バンコクでの観光と言えばナイトマーケットは外せません。 近年では若者にター...
高速ジャンクションのすぐ側にある「Liab Duan Nightmarket(リアップドゥアンナイトマーケット)」 以前紹介したフアムムナイトマーケットから更に北に、もうひとつタイ人に人気の郊外ナ...